日記・コラム・つぶやき

2018年4月20日 (金)

実際正しくブラジャーを着用すればバストがア

バストアップ ブラ 導
実際、正しくブラジャーを着用すればバストがアップするのかというと、バストが上がる可能性があるのです。バストというのは脂肪なので、正しい方法でブラをつけていないと、別の場所に移動してしまうのです。もっといえば、正しいやり方を守るとブラをつける効果で、お腹や背中についている脂肪をバストにすることが可能なのです。バストを大きくする方法は多々ありますが、簡単で確実な方法であるほど、高額になりますし、リスクが高いです。例えば、バストアップするための手術を受ければ、即、理想に近い胸になれますが、術後の経過が良くなかったり、バレてしまう不安もあるでしょう。根気が要りますが、地道な方法で徐々にバストを育てていくのがオススメです。胸の成長を促してきて、胸の大きさが変わってきたら直ちにブラを新しくすることが大切です。もっとも、ブラのもつ年数は90回から100回着けるくらいと意外と短いので、サイズに変わりがなかったとしても定期的に新しくしましょう。サイズが適していないブラや型崩れしたブラは胸の成長を邪魔します。違うブラジャーにすれば胸のサイズが上がることもあるでしょう。バストは相当動きやすく、ブラジャーをあまりしていないと、お腹側や背中側に移動していってしまいます。だから、いろんなところからお肉を集めてきてバストに寄せると、胸にチェンジすることもあるのです。そのためには、ジャストサイズのブラを装着することが大切になります。胸を大きくする手術は皮膚をメスにより切開したり、針を刺すので、稀に感染症が起こることがあります。確率としては決して高くありませんが、どんなに管理に注意していたとしても、ゼロとは断言できません。実際、プロテーゼの挿入やヒアルロン酸注入といった場合にも、後遺症が発生する恐れがあります。100%リスクがなくバレない豊胸方法はあり得ないのです。